fc2ブログ

艸句会報:連雀(令和4年2月2日)

連雀句会(三鷹駅前コミュニティセンター)
兼題「野」

印象句
狂ひなく地球は廻る福寿草      横山 靖子
【一口鑑賞】「福寿草」は新年を祝う盆栽として根強い人気がある。玄関や客間に飾れば、めでたさが増すからだろう。もともとは野生で、花の少ない時期に咲くことから珍重された。掲句は、大胆な発想で福寿草と地球を取り合わせた。地球の自転、公転によってもたらされる自然の摂理への畏敬の念が感じられる。(潔)

太陽族の言葉遺して冬の星      中島 節子
春光の卓に遺影を移しけり      坪井 信子
繊月の山の端にあり冴返る      松成 英子
保育士に朝の寒月出勤す       春川 園子
梅一輪父の齢を越しにけり      向田 紀子
探梅行独りの刻の昏さかな      飯田 誠子
煙突に富士は真二つ蒲団干す     松本ゆうき
廃校の裏の鉄門寒椿         渕野 宏子
大寒や関東平野晴れ続く       矢野くにこ
武蔵野の節分ちかき光かな      山本  潔
行く末のこの道吾の恵方とす     横山 靖子
懐かしき夫の講釈鮟鱇鍋       束田 央枝
寒夕焼鴉わき立つ平林寺       安住 正子

(清記順/欠席投句以外は自選句)
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1266位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
36位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR