fc2ブログ

艸句会報:連雀(令和4年3月2日)

連雀句会(三鷹駅前コミュニティセンター)
兼題「雛」

印象句
息災の二人で居たし雛あられ     中島 節子
【一口鑑賞】日ごと春めくころにやってくるのが雛祭。掲句は心が明るくなるなか、夫婦の健康を願う気持ちを素直に詠んでいる。「息災の二人で居たし」までは誰でも言えそうで平凡な印象だが、座五の「雛あられ」が絶妙だ。いり豆、あられ餅を混ぜて砂糖をまぶし、ピンクや緑の色をつけた可憐な菓子。老後の重要テーマを明るく前向きに受け止める作者の心情が伝わってくる。(潔)

囀やいつもの店のいつもの茶     渕野 宏子
家族減りても昔のままに雛の膳    春川 園子
独裁も戦争もなく雛の間       松本ゆうき
立子忌のひとつ足りない雛道具    山本  潔
白梅や茅葺き厚き長屋門       矢野くに子
艸魚忌の「艸」は青春夢大き     束田 央枝
こもり居の梅一輪に背筋伸ぶ     横山 靖子
白玉椿挿して竹筒甦る        飯田 誠子
春の雷心は老いを諾はず       安住 正子
菜の花を散らす酢飯や喜寿の膳    向田 紀子
道狭き天領の町古雛         松成 英子
雛の窓閉ぢてホームの夜の窓     坪井 信子

(清記順)
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1253位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
33位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR