fc2ブログ

艸句会報:かつしか(令和4年3月27日)

かつしか句会(亀有地区センター)
兼題「花」

印象句
綺麗ねと鸚鵡返しや花の道      小野寺 翠
【一口鑑賞】言うまでもないことだが、俳句は短い。5W1Hなどは入れようがないし、長々と説明する余裕はない。季題を一つに絞り、一瞬の感動を書き留めたときに一句は完成する。この句の舞台は満開の桜並木。誰かと一緒に歩いている。相手が思わず「綺麗ね」と呟き、作者もそっくりそのまま「綺麗ね」と応じたのだ。それだけのやりとりを「鸚鵡返し」が端的に言い表している。桜に陶酔している様子が伝わってくる。(潔)

つくしんぼ緩き流れのビオトープ   新井 紀夫
花時の花の切手を買ひ求む      三尾 宣子
猫の子の何をされても熟寝中     新井 洋子
 熟寝(うまい)
花束を抱へてバスに入彼岸      片岡このみ
春寒や節電の夜の真暗闇       西村 文華
雪洞の潤む地球の花月夜       佐治 彰子
桜餅夫の忌遠くなりにけり      伊藤 けい
花の寺引きも切らずに縁結び     高橋美智子
みちのくの花街道や三味の音     五十嵐愛子
水の上に一枝のばす初桜       千葉 静江
花の昼粋も無頼も知らず生く     松本ゆうき
テレビより砲弾響き春寒し      平川 武子
重き荷も軽き荷もあり春遍路     近藤 文子
春うららなかなか止まぬ立話     西川 芳子
一村に同姓数多亀鳴けり       霜田美智子
うららかや鞄に小さき花図鑑     山本  潔

(清記順)
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
955位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
27位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR