fc2ブログ

艸句会報:若草(令和4年5月14日)

若草句会(俳句文学館)
兼題「政」

印象句
古団扇この政党も今は消え      市原 久義
【一口鑑賞】兼題「政」に苦しむ人が多かったが、作者は「古団扇」との取り合わせでユーモラスな一句に仕立てた。夏の季語「団扇」の傍題で、前の年に使われたものを指す。この句の場合はもっと古いものかもしれない。どこかで手にした団扇にもはや解散した政党名が入っていたのだ。いかにもありそうで軽い諷刺にもなっている。そう言えば、個人名や政策を印刷した団扇を有権者に配り、辞職した法務大臣もいた。そんなことまで思い出す。(潔)

師の句碑に能登新緑の惜しみなく   安住 正子
若葉風鍵盤奔るカンパネラ      石田 政江
風入れやわが青春に卒論に      新井 紀夫
五月雨百人町へ「艸」帰る      松本ゆうき
大欠伸して全身に薫風を       坪井 信子
晴々と石田政江の夏羽織       山本  潔
筍飯炊くと一行記しをく       飯田 誠子
江戸前の煮切りの艶も立夏かな    針谷 栄子
日が風が潮騒が好き罌粟坊主     新井 洋子
市政バス運行開始五月晴       吉﨑 陽子
猫の眼の一つは翠五月闇       岡戸 林風
夢見るも生くるも一人桐の花     沢渡  梢
臣虚子は政にも通じ五月闇      隣   安

(清記順)
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
955位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
27位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR