fc2ブログ

艸句会報:東陽(令和4年5月28日)

東陽句会(江東区産業会館)
兼題 折句/や・ひ・ひ 例句/山国やひとりに余る冷し酒 舘岡沙緻

印象句
山の水引き入れトマト冷やしをり   堤 やすこ
【一口鑑賞】この日の兼題は折句。上五、中七、下五のそれぞれ先頭に例句と同じ音を詠み込んだ。12人で23の折句が投じられ、力作が多かった。折句と言えば、想像力に頼りがちだが、掲句はまるで今見ている場面を詠んだようなみずみずしさが感じられる。山里の清水で冷やしている真っ赤なトマトが美味しそうだ。例句の「ひとり」や「酒」に引きずられることなく、作者の記憶のなかにある光景を詠んだからだろう。(潔)

焼茄子の一つもあらばひとり酒    山本  潔
山奥の氷雨となりし避難小屋     斎田 文子
翡翠の嘴の銀鱗より雫        新井 洋子
老いといふ未知の世界や蟻地獄    飯田 誠子
夏落葉かさこそと鳩あらはるゝ    中島 節子
やれやれとひとつ坂越す日の盛    松本ゆうき
簗番の一人ぽつんと日暮れどき    中川 照子
擂子木に紫蘇の香りや冷し汁     岡戸 林風
山繭のひとつ垂れゐて日の翳り    安住 正子
葛西橋真ん中卯の花腐しかな     貝塚 充子
失せ物を探す日と決め梅雨籠る    向田 紀子

(清記順)
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
955位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
27位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR