fc2ブログ

艸句会報:船橋(令和4年6月4日)

船橋句会(船橋市勤労市民センター)
兼題「飯」

印象句
片寄せてある薔薇園のばらの屑    安住 正子
【一口鑑賞】句会前に谷津バラ園(千葉県習志野市)を吟行しての一句。800種類7500株のうち、ピークを過ぎた早咲き品種やツルバラを除く7割が見頃を迎えていた。さまざまな色や形、香りのほか、王室・皇室、著名人にゆかりの豪華な名前に圧倒されるが、掲句は「ばらの屑」に目をとめた。手入れを欠かせないバラ園では、係員が小まめに掃除をしており、パーゴラの下に散ったツルバラの花屑を掃き寄せていた。作者の優しい視線が感じられる。(潔)

蔓薔薇のしたたかに棘ゆれゐたる   山本  潔
銀飯と云ふ時代あり百日紅      飯塚 とよ
梅雨入や元気のもとは握り飯     三宅のり子
雨上り泰山木の花得たり       沢渡  梢
そよ風や鸚哥のかじる青林檎     並木 幸子
薔薇園の殊にクイーンエリザベス   岡戸 林風
陽の差していよいよ昏し薔薇の赤   隣   安
思ひ出は余生の糧や額の花      川原 美春
麦飯を喰ふて戦後を生きてきし    市原 久義
粽解く螺旋の紐を遊ばせて      針谷 栄子

(清記順)
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1266位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
36位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR