fc2ブログ

艸句会報:すみだ(令和4年7月27日)

すみだ句会(すみだ産業会館)
兼題「聞・聴」

印象句
甚平が作務衣ひつぱり碁会所へ    矢島 捷幸
【一口鑑賞】夏の夜には甚平を着て一杯!という人も少なくないだろう。麻や木綿で作られ、単衣で素肌に着る心地良さは捨てがたい。ユニクロや無印良品などでは夏のホームウエアとして人気があるようだ。この句は、甚平姿の人が作務衣を着た人を連れて碁会所へ行くところ。囲碁好きの親方のキャラクターや、しぶりながらついていく職人の姿が想像されて何だか楽しい。俳句は短いが、一場面を切り取ることでときには人間のドラマが見えてくる。(潔)

夏の蝶舞へば耳立て聴導犬      山本  潔
降りさうで降らぬ武蔵野朝曇     松本ゆうき
汀打つ波のかたちに夜光虫      岡戸 林風
手花火の松葉あかあか子らを染む   矢島 捷幸
寄席涼し咄聞かうか眠らうか     貝塚 光子
昼寝覚五体遠くにありにけり     山本 吉徳
朝まだき守宮顔だす植木鉢      工藤 綾子
片蔭に寄り添ふ刻は短くて      大浦 弘子
老鶯の長啼く山路遠ざかる      長澤 充子
青年の佇む花舗やパリー祭      岡崎由美子

(清記順)
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
955位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
27位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR