fc2ブログ

艸句会報:若草(令和4年9月10日)

若草句会(俳句文学館)
兼題「窓」

印象句
カーナビに任す遠出や野菊晴     新井 洋子
【一口鑑賞】今や車の運転にカーナビは欠かせない。かつては助手席の連合いが地図を見誤れば、喧嘩のもとになったものだが、そんなストレスからも解放された。それはさておき、カーナビと「野菊晴」を取り合わせた俳句に初めて出合った。さぞかし充実したドライブだったのだろう。富安風生に〈かかる日のまためぐり来て野菊晴〉がある。昭和20年の作で、安否の分からなかった俳友たちと再会し、平和の帰ってきた野菊の小径を歩いた喜びが詠まれている。あれから77年。(潔)

重陽にちむどんどんの「艸」句会   にしい季衣子
モンローかくびれ自慢の大ふくべ   新井 洋子
この窓は星を見るため星月夜     山本  潔
山葡萄わが手にかけてワインにす   石田 政江
指組めば届く祈りや窓の月      沢渡  梢
機織の糸屑の舞ふ夜なべの灯     新井 紀夫
胸キュンとなることありや敬老日   松本ゆうき
行合の雲の流れや遠案山子      岡戸 林風
竹幹の白き粉ふく秋気かな      安住 正子
島唄に宿る海神鳥渡る        針谷 栄子
おむすびのころころころり馬肥ゆる  吉﨑 陽子
助手席の案山子労ふ老農夫      市原 久義
能面の眼のひかり秋の雷       飯田 誠子

(清記順)
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1253位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
33位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR