fc2ブログ

艸句会報:連雀(令和4年11月2日)

連雀句会(三鷹駅前コミュニティセンター)
兼題「耳」

印象句
遠くより路地を掃く音今朝の冬    束田 央枝
【一口鑑賞】今年の立冬は11月7日。この句は、先取りして投句されたが、「今朝の冬」という副季語によって実感がよく出ている。ふだんはあまり気にしない路地を掃く音も、秋から冬への澄んだ冷んやりした空気を伝わってくると、はっきり聴こえたのだろう。近年は温暖化で紅葉のピークが徐々に後ろにずれているが、太陽の動きは決して季節を変えてしまうことはない。作者は、冬の到来をささいな音から感じ取ったのである。繊細な一句。(潔)

リハビリを兼ぬる散歩や鰯雲     春川 園子
パン生地は耳たぶくらい冬ぬくし   松成 英子
朝からの雨となりけり白芙蓉     中島 節子
艶ばなし耳立てて聞く冬帽子     松本ゆうき
この道や詩を心耳に白秋忌      山本  潔
身にしむや老に空耳地獄耳      飯田 誠子
石蕗の花や暮色を寄せつけず     矢野くにこ
数珠玉やのんののんのと拝みし日   坪井 信子
素踊りの運ぶ足先火恋し       向田 紀子
佳句に会ふ心静もる良夜かな     横山 靖子

(清記順)
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1335位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
40位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR