fc2ブログ

艸句会報:船橋(令和5年4月1日)

船橋句会(船橋市中央公民館)
兼題「装」 ミニ吟行:里見公園

印象句
花屑の道や雲踏む心地して      隣   安
【一口鑑賞】今月の船橋句会は市川市国府台の里見公園を訪ねた。桜の名所として知られるが、16世紀には小田原の北条氏と安房の里見氏が2度に渡り合戦を繰り広げたところ。飛花落花のなかを、この土地の歴史に思いを馳せながら歩いた。掲句は、道一面に広がる花屑の印象を「雲踏む心地」と捉えたところに詩心が感じられる。誰も雲は踏めないが、こう言われると読む方も納得してしまう。同時作の〈こんこんと泉のやうに落花かな〉もこの日の実感。(潔)

人はみな羅漢の顔に花吹雪      並木 幸子
こんこんと泉のやうに落花かな    隣   安
散りながら光る花びら西東忌     山本  潔
バス停にキラキラと舞ふ桜かな    平野 廸彦
青空に花も装ふ里見かな       小杉 邦男
春装の美女を間近に三鬼の忌     岡戸 林風
もう止めよ春野に行こう武装解き   川原 美春
チェーンソー響く家並み萬愚節    沢渡  梢
花散るや杖をつきゐて仁王立ち    三宅のり子
花時は冒険したく家を出る      飯塚 とよ

(清記順)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
607位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
19位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR