fc2ブログ

艸句会報:すみだ(令和5年6月28日)

すみだ句会(すみだ産業会館)
兼題「傘、笠」

印象句
浜風や母の微睡む浜日傘       岡崎由美子
五月雨や手放すピアノ少し弾く    福岡 弘子

【一口鑑賞】由美子さんの句。声に出して読むと、「浜日傘」の下で微睡む母の姿とともに、心地良い韻律が響いてくる。打ち出しの「浜風や」に続き、中七、下五も「ハ(Ha)」で始まる。さらに17音のなかに「ア(a)」の音が11音もあり、まさに風の吹くようなリズムを生んでいる。俳句は調べが大切と思わせてくれる一句。福岡さんの句は、長年親しんできたピアノとの別れを詠んだ。「少し弾く」に惜しむ気持ちが込められている。昭和の名曲「雨音はショパンの調べ」のメロディが聴こえてくるようだ。(潔)

喜寿傘寿卒寿そろうてソーダ水    山本  潔
ふるさとの廃線覆ふ竹落葉      大浦 弘子
破れ傘何やら潜み雨やどり      貝塚 光子
ビル街を傘の色どる梅雨の昼     内藤和香子
夏バテに酢の物酢豚酢味噌和へ    江澤 晶子

 「艸」夏号
旅心誘ふ表紙絵山開き        髙橋 郁子
傘寿などまだまだ若し浮いてこい   松本ゆうき
雲海の切り岸に立つ日の出前     長澤 充子
傘持つて父待ちし駅蚊喰鳥      岡崎由美子
木漏れ日に雨の雫や破れ傘      岡戸 林風
新婚の嫁の見立ての白日傘      福岡 弘子

(清記順)
※次回(7月26日)の兼題は「本」
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
999位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
26位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR