fc2ブログ

艸句会報:かつしか(令和5年8月27日)

かつしか句会(亀有地区センター)
兼題「朝顔」or折句「あなや」
       例句 あさがほや奈落のふちのやはらかく 正木ゆう子

印象句
まきひげの力尽きたる日の盛     霜田美智子
秋の声地震の備へも休みなし     伊藤 けい

【一口鑑賞】霜田さんの句。上五で怪しい髭男を想像した人もいたようだが、「まきひげ」は植物の茎や葉の一部が変形して細長い蔓になり、他のものに巻きつくようになったもの。葡萄や糸瓜、朝顔などに見られる。記録的な猛暑で植物が元気をなくしている様子を巧みに描写した。「日の盛」が晩夏の季語。けいさんの句。9月1日の関東大震災100年を前に、地震(なゐ)への備えを欠かさない作者。「秋の声」に震災の被害者への思いも込められているのだろう。折句ながら時宜にかなう一句に仕上がった。(潔)

おーい雲よ秋空ほはり何処へ行く   五十嵐愛子
娘の描くシャッターアート大暑の日  霜田美智子
朝顔や戦なき世の種が欲し      山本  潔
蟬落ちて大往生や天へ四肢      笛木千恵子
あさがほや叔父の形見の蓄音機    近藤 文子
ピーマンの肉詰め旨し夕御膳     三尾 宣子
着もしない服にアイロン終戦日    片岡このみ
放牧の羊遥かに鰯雲         新井 洋子
抗ひて蔓の行方や牽牛花       新井 紀夫
エアコンに預けしいのち処暑の朝   伊藤 けい
腰痛の漸く癒えて涼新た       西川 芳子
鳳仙花母の小言の懐かしき      高橋美智子
傍らに藤沢周平蟬しぐれ       小野寺 翠
秋の野に鳴らす熊よけ山日和     佐治 彰子
力闘の球児に見入り秋暑し      西村 文華

(清記順)
※次回(9月24日)の兼題「月」一切
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
472位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
17位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR