fc2ブログ

艸句会報:船橋(令和5年12月2日)

船橋句会(船橋市中央公民館)
兼題「歌」

印象句
薄紅のリップクリーム霜の朝      岡崎由美子
あかときの素振り百回息白し      三宅のり子

【一口鑑賞】12月に入り、朝晩の冷え込みが厳しくなってきた。由美子さんの句は、霜が降りた朝の寒さが体感的に伝わってくる上、冬晴れの青い空が目に浮かぶ。そんな情景のなかに作者が提示した物は「薄紅のリップクリーム」。ほんのりとしたピンク色の清潔感が「霜の朝」の身の引き締まる感じとイメージ的に響き合い、詩情を生んでいる。のり子さんの句。夜明け前に「素振り」をしているのは誰だろう。顔見知りの野球少年か、あるいは若き日にテニスか何かをしていた作者自身か…。季語「息白し」が寒さのなかで躍動している人の姿を浮かび上がらせる。(潔)

シャンソンを歌ふマダムの革ジャンパー 並木 幸子
冬すみれ少女小さく歌ひ過ぐ      岡崎由美子
病院はどこも盛況十二月        川原 美春
取り寄せのおせちに迷ふ十二月     新井 洋子
三味線の撥に力や石蕗の花       小杉 邦男
我が部屋に世界のリゾート新暦     平野 廸彦
母の忌の近き出窓の室の花       山本  潔
コーラスの洩れくる寺院銀杏散る    新井 紀夫
やすかれといわさきちひろの初暦    飯塚 とよ
百年の漆喰師走の長屋門        三宅のり子
かな文字の連綿体や初しぐれ      岡戸 林風
丁度いい寂しさ丁度いい時雨      沢渡  梢

(清記順)
※次回(2024年1月6日)の兼題「開」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
607位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
19位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR