fc2ブログ

艸句会報:東陽(令和5年12月23日)

東陽句会(江東区産業会館)
兼題 折句「かてか」
例句 寒昴天のいちばん上の座に 山口誓子

印象句
風に鳴るテントを灯し飾売      岡崎由美子
牡蠣割女手は絶え間なく殻投げて   中川 照子

【一口鑑賞】「艸」にとってはこの日が2023年の納め句座。由美子さんの句は「飾売」が歳末の季語。社寺の境内で正月用の注連飾りなどを売るテントが目に浮かぶ。読み手は「風に鳴る」で聴覚を、「灯し」で視覚を刺激される。17音のなかに二つ以上の感覚を盛り込むと散漫になりがちだが、この句はバランスがよく、巧みな折句に仕上がった。照子さんの句は「牡蠣割女」を詠んで臨場感のある折句になっている。手の動きにピタリと焦点が合っており、牡蠣を剥く女性の様子が浮かんでくる。(潔)

行く年を乗せて最終電車行く     山本  潔
数へ日や転勤の子の帰る頃      新井 紀夫
いくさなき世は来ぬものか兎飼ふ   松本ゆうき
寒風やお台場に立つ女神像      斎田 文子
悴みし手をさすりつつ粥すする    岡戸 林風
篝火を手に手に集ふ神迎え      中川 照子
からすみや鉄瓶鳴りて燗の酒     関山 雄一
ぽつねんと父の勲章開戦日      岡崎由美子
母さんの手袋今も傍らに       沢渡  梢
年の瀬の鍵の束鳴る警備員      新井 洋子
蔦枯れて鳥歩み入る歩み出る     堤 やすこ
張り裂けんばかりの鰤の糶られをり  安住 正子
寒晴やティールームより滑走路    中島 節子
地下鉄のあまたの出口日の短か    飯田 誠子
見るだけのオランダ坂や初時雨    向田 紀子

(清記順)
※次回(2024年1月27日)の兼題は折句「はおと」
 例句 春を待つおなじこころに鳥けもの 桂 信子
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
607位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
19位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR