fc2ブログ

艸句会報:かつしか(令和6年1月28日)

かつしか句会(亀有地区センター)
兼題「飾」

印象句
去年今年朱肉浸みたる黄楊の印    霜田美智子
離れ住む子ら来て過ごす三が日    千葉 静江

【一口鑑賞】美智子さんの句。大晦日の夜半が過ぎると、新年を迎えて元旦になる。去年を回顧し、今年への思いを抱くのが「去年今年」。掲句は、黄楊の印の朱肉の浸みを眺めながら、高浜虚子の「貫く棒」の句に思いを寄せているのかもしれない。それとは対照的な判子という“短い棒”を提示したところにユーモアのセンスが感じられる。静江さんの句。淡々と詠んでいるが、「三が日」という季語の使い方が効果的だ。ふだんは独り暮らしでも、正月ならではの家族との交流のひとときに元気づけられたのだろう。(潔)

大寒や芳書の文字黒々と       近藤 文子
冬座敷父の選びし床飾り       佐治 彰子
昨日まで賑やかなりし炬燵部屋    伊藤 けい
水洟や味噌汁熱き朝ごはん      五十嵐愛子
寒桜日課五千歩続きをり       笛木千恵子
辻店の鳶職けふは飾売り       小野寺 翠
梅の香の余韻ありけり闇の中     小森 貞子
葛飾の魅力の一句初句会       西川 芳子
ともかくも家族みんなの初写真    西村 文華
雲水にかうべを垂れて風邪封じ    千葉 静江
三寒を籠もり四温の旅支度      片岡このみ
乳匂ふ子も出す両手お年玉      霜田美智子
電飾の色を路面に冬の雨       山本  潔
冬旱空井戸に声落しけり       新井 洋子
裸木の続く並木のバス通り      三尾 宣子
葛飾の都市化の路地の花大根     新井 紀夫

(清記順)
※次回(2月25日)の兼題「森」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
607位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
19位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR