fc2ブログ

艸句会報:かつしか(令和6年2月25日)

かつしか句会(亀有地区センター)
兼題「森」

印象句
木の芽雨筑波の森を覆ひけり     小野寺 翠
ペガサスに乗り旅に出る春の夢    小森 貞子

【一口鑑賞】翠さんの句。「木(こ)の芽雨」は春の芽吹きのときに降る雨。木々の芽がとりどりの色や形に芽生えてくるなか、雨に濡れてしっとりと輝いている森は美しい。バス旅行で筑波山へ行ってきた作者。森全体を覆うような春雨のなかで、木々の息吹を感じるままに詠んだ。貞子さんの句。「春の夢」は春の眠りのなかで見る夢のこと。この句は「ペガサスに乗り」という句またがりの措辞が読み手の興味を引きつける。さらに「旅に出る」でロマンを感じさせる。春らしい希望にあふれる一句。(潔)

賑やかに夜汽車見送る春コート    高橋美智子
煌めける庭木の雫雪の果て      笛木千恵子
この森を祖父から孫へ雪間草     近藤 文子
探梅の白寿の足の軽やかに      小野寺 翠
うららかや藩邸偲ぶ紀尾井坂     五十嵐愛子
雉子鳴く森閑として山も奥      新井 洋子
伊豆沖に行き交ふ船や春霞      伊藤 けい
うす暗き森の賑はひ百千鳥      片岡このみ
うぶすなの鎮守の森や苗木市     霜田美智子
風吹けば踊るが如しチューリップ   西川 芳子
靴下の毛玉取る癖春炬燵       千葉 静江
猫舌に熱きスープや春の雪      山本  潔
早春の早稲田の森の八一展      西村 文華
亀鳴くや今も手書きの診察券     新井 紀夫
音もなく勿忘草の咲く野かな     小森 貞子
春雷や逃げるシーサーぶりの猫    霜田美智子

(清記順)
※次回(3月24日)の兼題「前」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
830位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
23位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR