fc2ブログ

艸句会報:かつしか(令和6年3月24日)

かつしか句会(亀有地区センター)
兼題「前」

印象句
雪解川門前町を響かせて       佐治 彰子
前田家の赤門潜る春の昼       五十嵐愛子

【一口鑑賞】彰子さんの句。よく旅をする作者。桜の開花を待ちきれずに訪れたどこかの門前町か、あるいは雪深い故郷の早春の光景かもしれない。空気はまだ冷たいが、雪解け水が勢いよく流れている様子が目に浮かんでくる。その音は歓喜の声のように「門前町を響かせて」いるのである。豊かな水が春の光に輝いている。愛子さんの句も兼題からの発想。東大本郷キャンパスが加賀藩前田家の上屋敷だったことを踏まえて、「前田家の赤門潜る」と言ったところが面白い。行動的で吟行が好きな作者。春のあたたかくのどかなときを三四郎池のほとりで過ごしながら句作に励んだのだろう。季語が効いている。(潔)

雪の果て煎餅買ひに歩きけり     西村 文華
銀輪の若きらの背や春日影      西川 芳子
一年生前へならへの上手な子     片岡このみ
江戸前の天ぷら御膳花見船      霜田美智子
料峭や弘前城の石落し        山本  潔
建前の檜の香り春の風        佐治 彰子
春炬燵結末のみのラジオ聴く     近藤 文子
雪柳木橋の架かるビオトープ     新井 紀夫
「生かされてます」三月十日慰霊堂  五十嵐愛子
幼子の風につまづくたんぽぽ野    新井 洋子
目をみはる雛に目隠しして納む    千葉 静江
旧友と語らひながら木の芽道     笛木千恵子
それぞれにランチ持ち寄り花の宴   小森 貞子
鶴帰る孫に持たせる常備薬      高橋美智子
大試験終へて穏やかなりし孫     小野寺 翠
駐輪を根こそぎ倒す春疾風      伊藤 けい

(清記順)
※次回(4月21日)は折句「いつは」
 例句 石垣を突いて廻しぬ花見船 綾部仁喜
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
830位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
23位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR