fc2ブログ

艸句会報:すみだ(令和4年8月24日)

すみだ句会(すみだ産業会館)
兼題「話」

印象句
空き缶の中の秋思を踏みつぶす     山本 吉徳
【一口鑑賞】「秋思」は秋に感じるものおもい。「春愁」に比べると、寂しさがつのる。春には人を恋うが、秋は人を遠ざけるという。そんなしみじみした気持ちをいち早く感じた作者。まだ「空き缶」に入る程度のものだが、早めにつぶしておこうと思ったのだろう。ユーモアを感じさせる一方で、繊細な内面が顔をのぞかせている。長年、秋のものおもいと真剣に付き合ってきた人ならではの一句。(潔)

あさがほと話ししてゐる少女かな    貝塚 光子
軽やかに挨拶かはし処暑の句座     岡崎由美子
新涼やカレー自慢の友の店       松本ゆうき
亡き妻に一声かけて盆の月       岡戸 林風
つくつくし同じ話を何度でも      山本  潔
トリュフより自然薯好きなパリジェンヌ 矢島 捷幸
まだまだと昭和の音や扇風機      大浦 弘子
蟬時雨僧の読経と相合はす       工藤 綾子
つぎつぎと風が咲かせる白芙蓉     長澤 充子

(清記順)

艸句会報:東陽(令和4年7月30日)

東陽句会(江東区産業会館)
兼題 折句/は・い・い 例句/八月の一樹一樹の祈りかな 舘岡沙緻

印象句
炎昼の破裂しさうな瓦斯タンク    岡崎由美子
【一口鑑賞】「炎昼」は灼けつくような真夏の昼間の暑さ。今年の夏は35℃を超える猛暑日が各地で続出している。そんな日に瓦斯(ガス)タンクを間近に見た作者。「破裂しそうな」という実感に読み手も素直に共鳴する。この句のイメージの喚起力はなかなかのものだ。タンクの形状を思い浮かべると、地球の姿と重なってくる。一歩間違えば第3次世界大戦に発展しかねないロシアのウクライナ侵攻が頭のなかをよぎる。(潔)

ハンガーに捨ても着もせぬサンドレス 中島 節子
浜町河岸粋な浴衣と行き違ふ     中川 照子
背徳に生きし日のあり生身魂     新井 洋子
はらからといつもの店の一夜鮓    山本  潔
駄菓子屋に釣具置かるゝ夏休     安住 正子
さるすべり循環バスのルートA     向田 紀子
山のまた奥に山あり蟬しぐれ     斎田 文子
幽谷に点る出湯の誘蛾灯       新井 紀夫
初蟬の一山一寺一本に        飯田 誠子
初嵐今が大事と家にゐる       岡戸 林風
埋葬の縁者をつつむ蟬時雨      堤 やすこ
箱庭の一本道の家路かな       岡崎由美子

(一口鑑賞)

艸句会報:すみだ(令和4年7月27日)

すみだ句会(すみだ産業会館)
兼題「聞・聴」

印象句
甚平が作務衣ひつぱり碁会所へ    矢島 捷幸
【一口鑑賞】夏の夜には甚平を着て一杯!という人も少なくないだろう。麻や木綿で作られ、単衣で素肌に着る心地良さは捨てがたい。ユニクロや無印良品などでは夏のホームウエアとして人気があるようだ。この句は、甚平姿の人が作務衣を着た人を連れて碁会所へ行くところ。囲碁好きの親方のキャラクターや、しぶりながらついていく職人の姿が想像されて何だか楽しい。俳句は短いが、一場面を切り取ることでときには人間のドラマが見えてくる。(潔)

夏の蝶舞へば耳立て聴導犬      山本  潔
降りさうで降らぬ武蔵野朝曇     松本ゆうき
汀打つ波のかたちに夜光虫      岡戸 林風
手花火の松葉あかあか子らを染む   矢島 捷幸
寄席涼し咄聞かうか眠らうか     貝塚 光子
昼寝覚五体遠くにありにけり     山本 吉徳
朝まだき守宮顔だす植木鉢      工藤 綾子
片蔭に寄り添ふ刻は短くて      大浦 弘子
老鶯の長啼く山路遠ざかる      長澤 充子
青年の佇む花舗やパリー祭      岡崎由美子

(清記順)

艸句会報:かつしか(令和4年7月24日)

かつしか句会(亀有地区センター)
兼題「移」

印象句
立葵今朝は定時のタウンバス     新井 紀夫
【一口鑑賞】「立葵」は西アジア、東欧の原産。日本には室町時代に渡来したとされる。真っ直ぐに伸びた太い茎は2㍍を超え、下から上に順々に花をつけていく。赤やピンク、白、紫など花色は豊富でいかにも夏の花らしい。そんな立葵を眺めていた作者。いつもは遅れがちなタウンバスが時間どおりにやってきたのだ。「今朝は」と強調したところに作者の驚きが伝わってくる。日常のなかのさりげない感動を書きとめた一句。(潔)

ちんぐるま八幡平の風に舞ふ     佐治 彰子
若大将混じる江ノ電夏の潮      近藤 文子
恋螢落ち一天の闇増やす       新井 洋子
七夕のぷつと笑へる願ひ事      小野寺 翠
釣忍横目にすする二八そば      片岡このみ
貧乏を知るや知らずや我鬼忌かな   松本ゆうき
幼稚園バス母を見送る夏の蝶     高橋美智子
通院の道は紅白さるすべり      笛木千恵子
梅雨明けや何かお稽古始めましょ   西村 文華
古民家の移築再生柿若葉       山本  潔
向日葵の迷路を声の走りけり     霜田美智子
揚羽蝶ゆるりと羽を閉じにけり    伊藤 けい
日盛や遺跡に光る移植鏝       五十嵐愛子
夜濯の手もて叩きぬ稽古足袋     千葉 静江
明易しベッドの上でストレッチ    西川 芳子
キャンプの灯消して闇夜の音を聴く  三尾 宣子

(清記順)

艸句会報:若草(令和4年7月9日)

若草句会(俳句文学館)
兼題「限」

印象句
山野草咲かせ我が家の山開き     針谷 栄子
【一口鑑賞】「山開き」は霊山信仰から生まれた夏の季語。富士山、大峯山、月山などに、その年初めて入ること。古くは卯月八日に山に登り、山の神を拝む風習があった。さて、この句はそんな季語の本意からはかけ離れているように見える。しかし、作者にとっては信仰の山が今も心のなかにあるのだろう。体力的に登山ができなくなっても、山の安全や平穏を願いながら、自宅の庭の山野草を眺めている作者。「山開き」への思いが込められている。(潔)

白昼の凶弾夏を悲します       山本  潔
胃カメラのあとの夕餉の大鰻     市原 久義
四万六千日電気ブランの軽い酔ひ   新井 紀夫
箱庭や石ひとつ足し名園に      新井 洋子
羅にとほす鋼の心意気        針谷 栄子
父と子の影近づき来簾越し      石田 政江
限りある道と思ほゆ沙羅の雨     沢渡  梢
万緑の幼の一歩光あれ        吉﨑 陽子
坂多き街に住みけり鷗外忌      松本ゆうき
耐へるのも限界ですよこの酷暑    安住 正子
限定の一書手元に夕端居       岡戸 林風
青葉若葉匂ふ木椅子のにぎり飯    飯田 誠子

(清記順)

艸句会報:連雀(令和4年7月6日)

連雀句会(三鷹駅前コミュニティセンター)
兼題「島」

印象句
猛暑日やテーブルに水2リットル   春川 園子
【一口鑑賞】この夏は観測史上最速で梅雨が明けると同時に、いきなり猛暑がやってきた。東京では6月25日から9日連続の猛暑日(最高気温35度以上)となり、2015年に記録した8日連続を抜いた。この句は、さりげない詠みぶりだが、テーブルに置かれた2リットルの水が作者の心情を端的に表している。病気で思うように動けない作者。家の中でも熱中症になる人が多いことから、水を飲むよう心がけているのだろう。猛暑に直面した緊張感が伝わってくる。(潔)

爪たてて卒寿の髪を洗ひけり     坪井 信子
あつぱつぱ島の女によく似合ふ    松本ゆうき
くちなしの花の重たき異人墓地    飯田 誠子
軒低き京島の路地夏の月       松成 英子
飴細工母と選びし夜店かな      渕野 宏子
島陰へ小舟消えゆく朝曇り      向田 紀子
再会の夏や浦島太郎めく       中島 節子
麦の風学生馬を洗ひをり       束田 央枝
島風やはちみつ色のかき氷      山本  潔
山鳩の声に目覚める半夏生      横山 靖子

(清記順)

艸句会報:船橋(令和4年7月2日)

船橋句会(船橋市勤労市民センター)
兼題「折」

印象句
夏座敷紙ヒコーキを折る兄と     沢渡  梢
【一口鑑賞】兼題「折」の文字を詠み込んだ一句。子どものころの思い出だろう。紙ヒコーキを折るお兄さんと一緒に遊ぶ作者の様子が容易に想像できる。文字の詠み込みでは、こうしたシーンをシンプルに描くことが有効だ。それが決まれば、あとはどんな季語を用いていかに演出するか。この句は「夏座敷」という舞台設定で、二人の表情や周囲の景色が具体的に見えてくる。もちろん読者は自分自身の記憶の中にある「夏座敷」を想像すればいい。(潔)

静寂を破る尾長や青楓        新井 紀夫
香水がエレベーターを降りてきぬ   市原 久義
もろもろの事はあしたに合歓の花   矢島 捷幸
亡き母のつばのほぐれし麦藁帽    三宅のり子
うすばかげろふ水面に影を落としたる 山本  潔
ひまはりや戦車は嫌と子どもたち   飯塚 とよ
来し方は九十九折なり雲の峰     川原 美春
茄子の花昭和の残る下総屋      並木 幸子
篁の風折々に夏つばめ        岡戸 林風
時折の涼風池のしじら波       安住 正子
「鳥獣戯画」の帯の白黒半夏生    針谷 栄子

(清記順)

艸句会報:かつしか(令和4年6月26日)

かつしか句会(亀有地区センター)
兼題「黴」

印象句
黴の倉記憶違ひのパスワード     霜田美智子
【一口鑑賞】「黴」は梅雨の頃に発生しやすく、いつの間にか広がっている。麹黴や青黴など人間に役立つものもあるが、食物や衣服など身の回りに生える黴は鬱陶しいものの象徴と言っていい。また、「黴が生える」と言えば物事が古臭くなることを意味する。この句は「黴の倉」に自らの記憶力の衰えを重ね合わせている。パスワードを間違えたり、忘れたりするのはよくあること。それはまるでインターネット社会にはびこる黴のようなものかもしれない。ユーモラスな一句。(潔)

深山の松蟬の声揃ひたる       小野寺 翠
新樹蔭学生服の金ボタン       高橋美智子
七変化卒の誕辰迎へけり       伊藤 けい
酒蔵に夜のささめごと麹黴      新井 洋子
黴の香や仕舞ひ忘れし夫の靴     西川 芳子
連弾の軽き響きや梅雨明くる     近藤 文子
黴の香にくるまり眠る山の宿     片岡このみ
明日からの旅の荷の上夏帽子     千葉 静江
黴にほふ納戸や母の桐箪笥      新井 紀夫
大雪渓小さき窪みに供花の赤     霜田美智子
雨音をかきまぜながらアイスティー  山本  潔
蓋を開け黴と遭遇蓋閉める      西村 文華
鼻ほじる羅漢も在す梅雨晴間     笛木千恵子
風穴にねむるワインや黴の花     五十嵐愛子
滴りや名もなき山の獣道       佐治 彰子

(清記順)

艸句会報:東陽(令和4年6月25日)

東陽句会(江東区産業会館)
兼題 折句/く・あ・す 例句/靴脱いで蹠さびしき涼み舟 舘岡沙緻

印象句
空襲の悪夢をよぎりスコール来    中川 照子
【一口鑑賞】今月も東陽句会は折句に挑戦!上五の頭が「く」、中七の頭が「あ」、下五の頭が「す」の音になるように詠んだ句が全体の半分以上を占めた。この句もそのなかの一つ。作者は、幼い頃の空襲体験を今でも夢に見るという。空襲のシーンに現実の激しいスコールのような夕立の音が重なってきて目覚めたのだ。折句とは気づかないような一句。こうした夢を見るのは、ウクライナの映像がテレビで頻繁に流れることも影響しているのだろう。(潔)

暮れなづむ青山墓地の忍冬      山本  潔
竹藪に呑まるゝ廃家半夏生      岡崎由美子
走り梅雨紙縒のゆるむ朱印帳     飯田 誠子
水に浮く水馬に吾を重ねけり     松本ゆうき
栗の花甘い和菓子の好きな人     斎田 文子
緑蔭やサンドイッチと「グリとグラ」 新井 洋子
潮入の逆巻く池や額の花       中島 節子
苦行などあかんべいです水中花    堤 やすこ
黒南風や安房の小島の水神社     岡戸 林風
足音にさとき船虫魚網干す      向田 紀子
口笛のあとを目で追ふ砂日傘     中川 照子
食ひ盛り頭並べて西瓜食ぶ      安住 正子

(清記順)

艸句会報:すみだ(令和4年6月22日)

すみだ句会(すみだ産業会館)
兼題「見」

印象句
常連の一人が見えず夏暖簾      岡戸 林風
【一口鑑賞】夏になると、飲食店などでは麻や木綿の涼しげな暖簾を用いるところが多い。「夏暖簾」は日本の暑い夏に涼しさを呼ぶための風物詩と言っていい。もちろん「暖簾」だけでは季語にならない。掲句は、行きつけの小料理屋だろうか。暖簾をくぐった瞬間、いつもいる人の姿が見えないことに違和感を覚えたのだ。「常連の一人」とは「身近にいるべき人」と考えてもいい。その人がいないことへの寂しさを感じている作者。兼題「見」から発想して自分自身の気持ちを詠んだ一句。(潔)

野良猫の棲みつく飯場梅雨曇     岡崎由美子
武蔵野の森のきざはし緑の夜     松本ゆうき
虫干や秘蔵の里見八犬伝       山本  潔
黒南風や沖見て鷺は動かざる     山本 吉徳
一陣の風に騒めく竹落葉       長澤 充子
演習の着弾地点月見草        工藤 綾子
もてあます母の形見の梅酒壺     大浦 弘子
石走る竜頭の滝や岩魚影       矢島 捷幸
新しきシャッター開くる夏至の朝   貝塚 光子

(清記順)
プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1253位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
33位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR